受付時間 9:00~17:30(水曜定休)

二階だけのリフォームで二世帯住宅にするポイントとは

 
二階だけのリフォームで二世帯住宅にするポイントとは
この記事を書いている人 - WRITER -

年齢のことや、今後の暮らしへの不安。収入や貯蓄なども含めて先行きのわからない状況を考えると、頭に浮かんでくるのがリフォームして「二世帯住宅」にするという選択肢。

そこで、フルリフォームをするとか、リノベーションをするとか、そういう方法を考えてみる方もいらっしゃるのですが、現実的に検討すると

 

  • 予算
  • 時間
  • 体力

 

これらに限りがあることがわかり、ポイントを絞ったリフォームが必要になることがわかってきます。

 

そこで今回は、限られた予算や時間、体力の中で、どうすれば二世帯住宅へリフォームし満足のいく暮らしができるのかをご紹介していきたいと思います。

 

1: こんなとき二階だけのリフォームで二世帯住宅にするのがおすすめ

もしあなたが次のような不満を、今の暮らしの中でお持ちであれば、二階だけのリフォームによって二世帯住宅にするのがおすすめです。

(1)体の衰えを感じている

高齢になってくると、二階へ上がるのがおっくうに感じることが増えてきます。

このようなシーンが増えることで誰もが体の衰えを感じ始めます。これは自然現象なので仕方のないことです。

 

しかし、仕方のないことだと誰もが頭では理解していても、感情的には不安を抱いてしまうことは間違いありません。

 

そのため、これまで夫婦二人で暮らしていた戸建て住宅の二階に子供家族に住んでもらい、いざというときにはサポートしてもらいたいと考えているなら、二階だけリフォームで二世帯住宅へ検討するタイミングがやってきています。

(2)二階を使わなくなった

高齢になることでライフスタイルも変化します。

昔はお子さまが使っていた二階の部屋や、自分たちも昔は使っていた寝室やクローゼットが、今は階段を上り下りするのもつらいし、自分たちでも危ないかもしれないと感じているので使うことが減ってきた。

 

こういったことを暮らしの中で感じ始めたなら、二階だけリフォームして二世帯住宅にすることを検討するタイミングだと言えるでしょう。

(3)お子さま家族の変化

お子さま家族がライフスタイルの変化によって戸建て住宅が必要になった。しかし昨今の経済状況を考えると、多くの住宅ローンを抱えて暮らすのは、孫の教育費も考えると難しそう。

 

こういった場合、あなたの戸建て住宅の二階をリフォームすることで、お互いのプライバシーを守りつつ、二世帯住宅という形でお子さん家族のサポートをすることもできます。

 

2: 二階だけリフォームで二世帯住宅する場合にできること

それでは、戸建て住宅の二階だけをリフォームし、二世帯住宅にする場合にできることを見ておきましょう。

このリフォームはフルリフォームやリノベーションとは違い、リフォームする箇所が限られていますので、限られた中でお互いが暮らしやすいように考えておくことが大切です。

(1)部屋を増やす

二階部分の使っていないクローゼットや、親世代が使っていた寝室。

お子さんの勉強部屋などを組み合わせて、間取りを変化させることで部屋数を増やせないか考えてみましょう。

 

また、使われていないバルコニーやベランダなども有効活用することで、少しずつではありますが部屋の空間が広がっていきます。

 

さらに、階段上のスペースにも小さな「隠れ家」的な部屋を作っておくと、小さな自分だけの書斎にもなります。

(2)水回りを作る

二階に新しい家族が暮らすことになると、必ず必要になるのが「水回り」です。

 

  • 台所
  • 浴室
  • トイレ
  • 洗面

 

この中で共有できる可能性が高いのは「浴室」ですが、それ以外はプライバシーや生活リズムの違いが大きく反映される部分ですので、別々に設置しておくのがおすすめです。

 

水回りを作る場合は、一階の水回り(配管など)と上手に場所を合わせることで水の流れる音も気になりにくくなりますので、リフォームで間取りを考える前に二世帯住宅のリフォーム専門家に「今の家の診断」をしてもらっておくと安心です。

 

3: 二階だけリフォームで二世帯住宅にするメリットデメリット

どのようなリフォームにもメリットとデメリットが存在します。

それぞれを知っておくことで、あなたの家族の暮らしに合っているのかどうかを検討することができるでしょう。

(1)メリット

二階だけリフォームをして二世帯住宅にする場合のメリットで、もっとも大きなことは

 

リフォーム費用を抑えられることが多い

 

ということです。必ず抑えられるわけではありませんが、フルリフォームやリノベーションと比較すると、抑えられることが多いのが事実です。

 

また、次のようなメリットもあります。

 

一階は生活しながら工事ができる

 

これ、若い方にはイメージしづらいかもしれませんが、高齢になった親御さん世代にとっては、仮住まいへの引っ越しや戻ってくるときの引っ越しは、意外に体へ負担になるんですね。

また、仮住まいに必要な費用も必要ありませんので、金銭的な部分でも楽になります。

(2)デメリット

家の中なので自分たちが気にしなければ問題ありませんが、一階と二階で内装や水回りに差が出てしまうことです。

 

あたりまえなのですが、後から工事や設置した方が「美しい」「使い勝手がいい」ということです。

 

また、これは今のお家に関することですが、二階に水回りや部屋を増やすことで、家全体を支えられるだけの強度を持っているのか調べておくことが大切です。

 

もし強度がないのなら、二階のリフォームを行う前に「補強工事」が必要になりますので、すべての工事費用を考えると「フルリフォーム」や「建て替え」と費用が変わらない可能性も出てきます。

 

4: 二階をリフォームして二世帯住宅にするときの注意点

二世帯住宅にするときの注意点を理解しておきましょう。

この注意点を意識することで、お互いの家族で起こる不満が少なくなり快適な暮らしを送ることができるでしょう。

(1)完全分離や部分同居がベスト

お互いに生活スタイルもリズムも価値観も違います。

そのため、いざというとき以外は、お互いが干渉しあわないようにしておくのがストレスも軽減できてベストです。

(2)玄関も分けられればベスト

お子さん家族の行動時間と、親世代の行動時間は違います。また、お子さん家族の子供の行動時間も違います。

 

通学や通勤、バイトからの帰宅。すべてが昔とは違います。

そのため帰宅したときの音は、お互いにとってストレスになることが多いものです。

(3)名義をどうするのか

二世帯住宅の場合、住居の名義を誰にするのか、きちんと話し合っておきましょう。

よくわからない場合は、司法書士さんへ相談してみてください。

(4)相続税や贈与税

名義にも関係していきますが、それぞれの税金について知っておくことが大切です。

税金に関しては、親族や親友があれこれ言ってくる可能性もありますが、税金についてのアドバイスができるのは税理士さんだけです。

リフォームを具体的に進めようとしたときには、税理士さんへ相談しておきましょう。

 

5: まとめ

二階だけリフォームして二世帯住宅にすると、ほとんど場合は費用を抑えることができます。

 

そして、お互いの家族のメリットが一致していれば、大変心強い環境でサポートし合いながら暮らすことができるでしょう。

 

今回の内容を参考にしていただき、お互いに不満の少ない、後悔しないリフォームにしていただきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です