受付時間 9:00~17:30(火曜定休)

二階リフォームの費用相場とメリットデメリットを紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

家族構成や暮らし方が変わってくると、住宅に不満が出てくるものです。そこでリフォーム。

 

しかし、予算や時間の制限もあり、どの場所をリフォームするか悩ましいところです。特に無駄な空間になってしまいがちな二階は、リフォームすることで満足できる新しい住宅を手に入れられる可能性が高まります。

 

そこで今回は、二階リフォームにフォーカスした内容を紹介していきます。

 

1: 知っておきたい二階リフォームの基礎知識

二階リフォームを検討する場合、知っておいていただきたい基礎知識があります。

 

(1)こんなときに二階リフォームはおすすめ

二階リフォームを具体的に検討する場合、次のような不満や要望が出てきたときが絶好のタイミングです。

 

[1]二世帯住宅にしたい

両親との同居。お子さん家族との同居。

将来のことを考えると、同じ家に住んでいるほうが何かと便利で安心かも。こういうタイミングは二階リフォームを考える良い機会です。

二世帯住宅は、お互いのプライバシーを尊重するのが難しいため、できるだけ満足度を上げるために、1階を親世帯、2階を子世帯というように世帯を分ける「完全分離タイプ」で暮らすのがおすすめ。

1階はこれまでのままで使えますが、2階は生活できる環境へリフォームする必要が出てきます。

 

[2]住宅が狭い

家族構成が変化した。そのため、二階の部屋やベランダを使わなくなった。

でも、普段暮らしている1階部分だけでは手狭になっている。どうにかして今の暮らしを快適にしたい。

こういう不満も二階リフォームのタイミングです。

無駄になっている二階をリフォームすることで、空間を有効活用することができます。使ってない空間は、本当にもったいないです。

趣味の部屋として、リラックス空間として、ヨガレッスンの部屋として。今のあなたの暮らしに適した使い方ができます。

 

(2)具体的にできること

二階リフォームでできることは、次の3つが基本です。

 

  • 部屋の増築
  • ベランダやバルコニーのリフォーム
  • 水まわりの増設

 

大きな間取り変更をすることは難しいかもしれませんが、使い方を変更することはできます。

 

また、デッドスペースになりがちなベランダやバルコニーをリフォームして、ガーデニングを楽しむスペースにすることも可能です。

 

二世帯住宅にする場合や、お稽古事の空間として活用したい場合、二階にトイレがほしいところ。

 

水まわりのリフォームもできますので、二階のトイレリフォームも可能です。

 

(3)どんな間取りがおすすめなのか

考えておきたいのは次の2点です。

 

1つ目は、部屋を増設する場合。人の出入りが多い場合は、階段の側に部屋を作るのがおすすめ。階段を上がって直ぐに部屋へ入ってもらえるので、ゲストとしても必要の無いものを見なくて良いので安心。あなたも、他の部分を見られないので安心。

 

2つ目は、トイレ。例えば2階でお稽古事を教えているとき、毎回1階のトイレへ行ってもらうのはちょっと面倒。2階に設置しておけば、部屋を出てすぐに使えます。

 

(4)二階リフォームの工事内容

二階リフォームの工事内容で知っておきたいのは、2階をリフォームすることで重量が増すと、1階の補強工事が発生することです。

 

また、トイレやお風呂、洗面など水まわりを設置する場合、新しく配管や電気工事が必要になります。

 

2: 二階リフォームの費用相場とは

二階リフォームを行う場合、気になる費用相場を見ておきましょう。

 

(1)工事の相場

住宅の構造や、配管や電気工事のしやすさなども影響してきます。また、キッチンや浴室に関しては、リフォームで選ぶ製品のグレードによっても費用が変わってきます。

 

そのため、どうしても費用相場には開きが出てしまうことになります。

 

  • 部屋を増やす場合:60万円~70万円/帖
  • トイレの増設:70万円~180万円
  • 浴室の増設:130万円~250万円
  • キッチンの増設:100万円~140万円

 

(2)二階部分のリフォーム費用に影響を与えるポイント

部屋を増やす場合ですが、内装のグレードによって費用が変わります。また、洋室か和室かによっても変わります。

 

さらに、防音性能を追加するとなると、費用相場以上の価格になることもあり得ます。

部屋を増やす場合は、間取りと一緒にグレードを考えてください。

 

トイレや浴室、キッチンに関しては、給水や排水の工事によって費用にばらつきが出ます。

1階の給水や排水を上手く利用することで、工事範囲を少なくできるため費用を抑えることも可能です。

 

間取りと一緒に、現状の給排水管を確認しておきましょう。

 

浴室はユニットバスを取り入れることになります。ユニットバスはグレードによって、大変大きく値段が変わってきます。こだわりが強いのなら上のグレードを選ばれると、高級ホテルのような空間になりますが、こだわりが強くないのならスタンダードなもので十分です。

 

3: 二階リフォームのメリットとデメリット

二階リフォームのメリットとデメリットをお伝えします。

 

(1)二階リフォームのメリット

  • 1階部分に住んだまま2階をリフォームできる
  • 建物全体を建て替えるよりも割安で変更できる

 

建て替えまでは難しい。こういうとき、二階リフォームはメリットになります。

 

(2)二階リフォームのデメリット

二世帯住宅で一階と二階を世帯別に利用するなら問題はありません。しかし、1つの世帯が一階と二階を利用する場合、どうしても一階部分と二階部分に見た目の差が生まれてしまいます。

 

例えば、一階は住居。二階はお稽古事のレッスン場所。こういう場合、一階から二階へ上がってもらうまでと、二階のレッスン場所では雰囲気が大きく変わってしまいます。

 

少しでも違和感を抑えるなら、一階から二階への動線部分だけ、二階の内装に合わせたリフォームを一階に行う必要が出てきます。

 

4: 二階リフォームで増築する場合のポイント

二階リフォームで増築する場合、「建築確認申請」を行いましょう。

 

自治体へ申請を行い「増築してもかまいません」という許可が下りている必要があります。許可無く増築すると、工事中でも停止命令が出ることも。

 

一般的にはリフォーム業者や設計士、建築士に相談すると、教えてもらえます。また、自治体の窓口でも確認できますので、まずは自分で確かめたいという方は、自治体へ確認しておきましょう。

 

5: 二階リフォームの注意点を理解しよう

二階リフォームには次のような注意点があります。

 

(1)費用

一階リフォームよりも二階リフォームは費用が高くなります。予算計画をしっかり立てておきましょう。

 

(2)水まわり

給水と排水に関するコストと工事が必要になります。現状の住宅仕様や間取りに関係してきますので、専門家に調査してもらってから具体的な二階の間取りを決めましょう。

 

(3)耐震対策

二階に増設する場合。浴室を設置する場合。二階部分の重量が増してしまいます。

 

そのため、建物全体の重量が上がるため、既存の耐震対策では不十分になる可能性もあります。

 

耐震対策や補強工事が必要になると、リフォーム費用や工事期間に影響しますので、このあたりも見積もり段階で専門家に調査してもらっておきましょう。

 

工事が始まってから「マズイですね」となっても遅すぎます。

 

6: まとめ

二階リフォームの費用相場やメリットデメリットを紹介しました。

 

二階リフォームはライフスタイルの変化に合わせて行うのが正解です。現状とあまり変化がないのなら、今のままで十分。

 

しかし、二世帯住宅にしたい。二階のスペースを使って何かしたい。こういったニーズが出てきているなら具体的に検討するタイミングです。

 

ぜひ専門家を交えて間取りや設備を検討してください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です