受付時間 9:00~17:30(火曜定休)

玄関に手洗いを設置したい!リフォーム費用とメリットデメリットを紹介します

 
この記事を書いている人 - WRITER -

インフルエンザや新型コロナウィルス予防として注目されているのが、玄関に手洗いを設置するリフォームです。

 

これまでと同じように、家に帰ってきたら玄関から洗面所へ行けば手洗いできるのですが、間取りによっては家族が集まるリビングを通らないといけない場合は、うっかり手洗いを忘れて自室へ入ってしまうこともあり、より安心できる暮らしを考えると玄関で手洗いできるようにしておくのがベスト。

 

そこで今回は、玄関の手洗い設置についてお話していきます。

 

1: 玄関に手洗いのある暮らし

インフルエンザや新型コロナウィルスの影響で、感染症への関心が高まっています。除菌や消毒などの徹底をされている方も増えています。

 

しかし、除菌や消毒の前に必要なのが「手洗い」です。

 

(1)帰宅後すぐに手洗いできる

玄関を入ってすぐのところに手洗いがあると、大変便利です。すぐに手洗いできますし、洗面所へ向かうためにリビングを通り、家族へ感染のリスクを高める必要もなくなります。

 

また、洗面所へ向かおうとすると着ているものを脱いだり、カバンを置いたりする動作が増えるため、家庭内での感染リスクを高めてしまうことにもなりかねません。

 

しかし玄関に手洗いがあると、コートは着たまま、カバンも持ったまま、まずは手洗いができるようになります。

 

家族にとっても安心感が向上します。

 

(2)友人知人にも協力してもらいやすい

お客様がいらっしゃったとき。知人がやってきたとき。お子さんの友達がやってきたとき。

 

「洗面所へ行って手を洗ってね」とは、いきなり言いづらいものです。人によっては「えっ?そんなにバイ菌扱いしなくても・・・」と勘ぐってしまう方もいらっしゃいます。

 

しかし、玄関に手洗いがあると「こっちで手を洗って入ってね」と伝えるだけでOK。わざわざ洗面所へ向かってもらう必要もありませんので、大変スムーズに協力してもらうことができます。

 

相手にとっても、ご自身にとってもストレスが少ない状態を作れます。

 

(3)手洗い習慣が身につきやすい

感染症予防に手洗いが有効。このような話は多くの方が理解しています。しかし、人によっては外から帰宅したとき、「まずは手洗い」という習慣を持っていない方もいらっしゃいます。

 

また、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭なら、今から「帰ったら手洗い」という習慣を叱らず自然に身につけてもらうこともできます。

 

玄関に手洗いを設置することで、毎日の習慣が生まれます。

 

2: 玄関に手洗いがあるメリットとデメリット

玄関に手洗いがあると次のようなメリットやデメリットを感じることになります。

 

(1)メリット

まずはメリットから見ていきましょう。

 

[1]洗面所が混雑しにくくなる

洗面所での手洗いですが、帰宅時間が重なると混雑してしまうことでしょう。しかし玄関に洗面所があると、二カ所で手洗いできますので混雑の緩和に貢献してくれます。

人は分かっていても「面倒だし」と感じるとやらなくなります。混雑は面倒と感じる始まりです。分散できる状態を作っておくと衛生面も安心できます。

 

[2]無駄な動線がなくなる

帰ってきたら玄関で手洗い。大変シンプルな動きです。玄関を上がってリビングを通り、家の奥の洗面所へ向かうという無駄な動線がなくなります。

無駄がなくなると、人は面倒に感じにくくなります。そして習慣化しやすくなります。

 

[3]衛生面の安心が手に入る

手洗いした人で無いと入ってもらいたくない。このように感じておられる方もいらっしゃると思います。

特に受験生のお子さんをお持ちの家族や、基礎疾患を持っている家族がいらっしゃる家ですと、人一倍心配になって当然です。

また、介護が必要な高齢者がいらっしゃるご家庭なら、ちょっとしたことで命の危険に発展する可能性もあります。

玄関に手洗いがあると、すべての不安をゼロにすることはできませんが、まずは手洗い消毒をした人だけが家に入ってもらいやすくなります。

本当にちょっとしたことですが、安心感が全く違います。

 

(2)デメリット

玄関に手洗いを設置する場合には、次のようなデメリットもあります。

 

[1]設置スペースが必要

玄関スペースを見ていただくとわかりますが、あまり余裕を持った設計になっていないことが多いです。

そのため新しく玄関に手洗いを設置しようとしても、スペースが確保しづらいということもあります。

玄関スペースに余裕があれば問題ありませんが、余裕がない場合に手洗いを設置すると狭く感じてしまうかもしれません。

設置を検討されるときは、玄関スペースの現状を確認しておきましょう。

 

[2]配管工事が必要

玄関に配管が来ている家はほとんどありません。これから新築を手に入れるのなら、ゼロか配管計画を行いますので問題ありませんが、リフォームとなると配管工事が必要になってきます。

手洗いをポンと設置して使えれば言うことはありませんが、水の供給と排水が必要です。これは忘れやすい部分なので、リフォームを依頼されるときには業者と相談しておきたいところです。

 

3: 新しい手洗いの選び方

新しい生活様式に対応する、手洗いの選び方を見ていきましょう。

 

(1)設置場所

設置場所についてです。設置場所は玄関以外にもあります。

 

[1]玄関

まずは玄関です。もっとも使いやすい設置場所です。ご家族も来客もみんなが使える設置場所です。理想的には玄関への手洗い設置がおすすめです。

 

[2]二階の廊下

家族だけの利用を考えるのなら、二階の廊下に設置するというケースもあります。最近の住宅では二階にトイレもありますので、水回りも二階に来ています。

 

[3]トイレ横

玄関での設置は難しい。でも、家族も来客もみんなで簡単に使いたい。そういう場合は、トイレ横に手洗いを設置します。

この場合、トイレの中にある手洗いを無くし、手洗いを外へ持って行きます。水回りも使えますので小さな工事で対応しやすい方法です。

 

(2)手洗いに必要なアイテム

新しい手洗いに必要なアイテムです。

 

[1]ボウル型洗面

一般的な洗面台ではなく、カフェにあるようなボウル型の洗面がおすすめです。見た目にもおしゃれです。また種類も多いので家の雰囲気に合ったものを選びやすいです。

 

[2]照明

手元が暗いこともありますので、小さな照明でもかまいませんので設置しておきましょう。間接照明にすることで、おしゃれな雰囲気を楽しめます。

 

[3]タオル掛け

タオル掛けのない家もあります。衛生面でタオルを置きたくない方もいらっしゃいますが、可能ならタオルがあると便利です。

特に、お子さんのお友達がやってきたときなどは、ハンカチを持っていない子供もいますので、手が濡れたまま家に入るよりも玄関でサッと拭ける方がいいですね。

 

4: 気になるリフォーム費用相場とは

最後に、気になるリフォーム費用相場をお伝えします。

 

(1)玄関に設置した場合

一般的な工事をした場合ですが、次のようになります。

 

  • 手洗い本体費用:7万円~
  • 設置工事費用:5万円~
  • 配管工事費用:5万円~
  • 内装工事費用:2万円~

 

合計すると19万円くらいからリフォームできることになります。後は、洗面台本体のデザインや素材、配管工事のあるなしによって費用が変わってきます。

 

(2)二階に設置した場合

二階に手洗いを設置した場合ですが、配管工事費用が若干高くなることが多いです。

 

  • 手洗い本体費用:7万円~
  • 設置工事費用:5万円~
  • 配管工事費用:12万円~
  • 内装工事費用:3万円~

 

合計すると27万円くらいからが相場です。

 

 

費用や工事の手間を考えると、できれば玄関に設置されるのが良いでしょう。

 

5: まとめ

新しい生活様式に欠かせないのが「玄関での手洗い」です。これまで無かった設備ですが、新築物件には備え付けられているところが増えています。

 

これからのスタンダードな設備になる可能性もあります。

 

玄関まわりのリフォームを検討されているのなら、一緒に玄関に手洗いの設置を考えておかれてはいかがでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です